乃木坂46時間TV Vol.2 | ブログ 〔 マニアック放言録 〕 | Passion for VF-2SS Valkyrie II (バルキリーⅡファンクラブ)

ブログ 〔 マニアック放言録 〕

2016.06.12

乃木坂46時間TV Vol.2

真っ当な事は何も手につかなかったが、素晴らしい週末だった。

前回、結成4周年記念でネット放送された「乃木坂46時間TV」をリアルタイムでは見損ねたが、
今回のVol.2はほぼ万全の態勢で、深夜のコンサート等の録画放送以外は、ほぼ観ることができた。

Vol.1の「生ちゃんのフィンランド民謡」や「あしゅのラジオ体操」に匹敵する破壊力抜群のプログラムは、
特に印象に残っていないものの、睡眠時間を除くと約40時間観続けた価値はあった。
レギュラー番組や歌番組だけでは伝わりきらない、メンバーの個性を色々と垣間見ることができた。

「乃木坂電視台」はもちろん、スタッフのアンケートで構成した「クイズ100人くらいに聞きました」
堀が企画した「2期生生誕祭」などを通じて、選抜メンバーの魅力を今まで以上に深く認識できたし、
TV露出の少ないアンダーメンバーや2期生についても、その個性を多角的に知ることができた。

また、書籍『乃木坂46物語』や映画『悲しみの忘れ方』などで、過酷な物語性だけしか知らなかった
初の舞台 『16人のプリンシパル』第1回 を観ることができた(初日の深夜に放送)。
翌日には、もっと進化した回の放送もあった。

それにしても、福神だけに限らず、選抜メンバーは凄い。圧倒的なアイドル力だ。

今回魅力を発見した2期生たちも、1期生トップメンバー達の輝きがあってこその魅力と言える。
少し好きになってきたアンダーの2期生達でも、画面が福神クラスのアップに切り替わったら、
圧倒的なビジュアルの差が顕著に表れてしまう。

やはり、白石、西野、衛藤、橋本、松村、生田、若月、高山、星野、齋藤、堀、生駒、井上ら、
乃木坂を引っ張っているトップメンバー達は、優れたビジュアルの上に高いタレント力を持っている。

CM無しの46時間生放送(一部録画放送あり)を見ていて飽きないのだから、凄いの一言に尽きる。
アイドル力の欠片もない指原莉乃が率いる猥雑なAKB48とは雲泥の差だ。
乃木坂46は2016年最強のアイドルグループだと改めて認識できた。

お姉さんメンバー達にも、最低あと3年は頑張ってほしい。
その間に、どれだけ若手(これからの3期生含む)が実力と人気を高めていけるか。

そこに乃木坂46の、いや日本のアイドル界の命運がかかっている。

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

Who is 「私」? -自己紹介-

1965(昭和40)年生まれの射手座A型、ありふれた日本人ビジネスマン。シンプルなラインで洗練されたデザインなどをこよなく愛す。

ロボットでは Zガンダム / 大張版ドラグナー / ダンガイオー、そしてVF-2SS バルキリーⅡ。ヒーローでは バットマン(映画版1&3) / イナズマン / 破裏拳ポリマー / ダースベイダー。

工業製品では70年代に日本を席巻したスーパーカー。実は1/43精密モデルカーの自称「世界屈指のコレクター」。本サイトとは別に、モデルカーの愉しみ方を伝えるウェブサイト『モデルカー学』全7章を2017年2月6日に開講(日本語部分のみ)した。

新進女優では平祐奈さんと広瀬すずさん。グループ歌手では乃木坂46と欅坂46。基本はハコ推しだが強いて言えば、星野みなみ、堀未央奈、佐々木琴子、高山一実、岩本蓮加、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、渡邉理佐などが推しメン。ひらがなけやきも意外と好きで、推しは齊藤京子、加藤史帆、渡邊美穂、小坂菜緒ら。二期生が加わってひらがやけやきは大化けする予感。

2017年6月25日から英国ロンドンに駐在(19年振り)し、2018年6月7日に日本に帰任。ロンドンでの欧州見聞録は『モデルカー学』のブログとFacebookに掲載中。

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ページの先頭へ