VF-2SS 機体解説 | Passion for VF-2SS Valkyrie II (バルキリーⅡファンクラブ)

VF-2SS 機体解説

宇宙空間用 可変機動兵器 (バルキリー)

VF-2SS_Valkyrie04

機体仕様 (アニメ設定上のデータ*

  • 機体名称 : VF-2SS (通称 バルキリーⅡ)
  • 開発者 : 統合軍技術陣
  • 開発年 : 2072年 (1号機ロールアウト)
  • 制式採用年 : 2081年 (統合軍)
  • 全高 : 14.5 m (バトロイドモード)
  • 全備重量 : 19.1 t
  • エンジン : タチカホフ熱核反応タービン × 2
  • エンジン推力 : 25,600 kg (通常推進時) × 2
  • 武装 : 対空レーザー機銃、ガンポッド、スクアイアー

*記載データは正確性を保証するものではありません。

ここで紹介したモデルは、アニメが企画された当時、バンダイが試作した「1/100 VF-2SS ノーマルタイプ・プラスチックキット」(プラモデル)のストレート組みサンプルです。人気を博した初代バルキリーからの連続性もあり、当初は当然の如くノーマルタイプが主軸にとらえられていたようでした。

一部差し替え式とはいえ、バトロイドはもちろん、全モードが素晴らしいプロポーションに仕上げられており、そのまま三段変形する画期的なモデルです。試作で終わり、製品化されなかったのが極めて残念でなりません。

VF-2SS_Valkyrie_06
VF-2SS_Valkyrie_05

幻のバンダイ三段変形プラモデル (ノーマルタイプ・バルキリー)

VF-2SS_Valkyrie_08

約20年後の最新技術で 「三段変形ノーマルタイプ」 復活を !!

何故これほどのモデルが市販化されなかったのか、大いなる謎です。とはいえ、ノーマルタイプを無視したアニメ本編のストーリー展開が、モデルのライ ンナップに大きく影響したこと(アニメファンの論理)は容易に想像できます。模型ファンからすると、理不尽な判断だとしか思えません。こういうところに、私が「模型ファンの論理」を主張する理由があります。

現在 「VF HI-METAL」 シリーズを展開しているバンダイに限らず、今日のバルキリーモデル・サプライヤーである海洋堂やYAMATO、WAVEなどの各メーカーが、この素晴らしい 「VS-2SS バルキリーⅡ」 を最新技術でモデル化してくれることを、模型ファンとしてただただ祈るばかりです。

新着情報

2014.11.05

お勧めページ「私のお気に入りデザイン考」を新規掲載!!

バルキリーⅡ以外の傑作デザインを厳選し、その魅力をご紹介します。

2014.10.14

モデルアーティスト・SeRaさんからのメッセージを掲載

3Dモデルアートのページに、SeRaさんからのメッセージを掲載しました。

2014.10.08

モデルアーティスト・E.M.T.さんからのメッセージを掲載

3Dモデルアートのページに、E.M.T.さんからのメッセージを掲載しました。

2014.10.05

『3D モデルアート』 ページを新規掲載

世界のモデルアーティスト達による、VF-2SS バルキリーⅡ ノーマルタイプの3D作品集ページを新規掲載しました。

2013.07.10

リンクページを追加

稀少なバルキリーⅡのファンサイトをご紹介します。掲載画像をクリックして、リンク元サイトにて詳細をご覧になれます。

過去一覧を見る

Who is 「私」? -自己紹介-

1965(昭和40)年生まれの射手座A型、ありふれた日本人ビジネスマン。シンプルなラインで洗練されたデザインなどをこよなく愛す。

ロボットでは Zガンダム / 大張版ドラグナー / ダンガイオー、そしてVF-2SS バルキリーⅡ。ヒーローでは バットマン(映画版1&3) / イナズマン / 破裏拳ポリマー / ダースベイダー。

工業製品では70年代に日本を席巻したスーパーカー。実は1/43精密モデルカーの自称「世界屈指のコレクター」。本サイトとは別に、モデルカーの愉しみ方を伝えるウェブサイト『モデルカー学』全7章を2017年2月6日に開講(日本語部分のみ)した。

新進女優では平祐奈さんと広瀬すずさん。グループ歌手では乃木坂46と欅坂46。基本はハコ推しだが強いて言えば、星野みなみ、堀未央奈、佐々木琴子、高山一実、岩本蓮加、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、渡邉理佐などが推しメン。ひらがなけやきも意外と好きで、推しは齊藤京子、加藤史帆、渡邊美穂、小坂菜緒ら。二期生が加わってひらがやけやきは大化けする予感。

2017年6月25日から英国ロンドンに駐在(19年振り)し、2018年6月7日に日本に帰任。ロンドンでの欧州見聞録は『モデルカー学』のブログとFacebookに掲載中。

ページの先頭へ