アーカイブ 2016年06月 | ブログ 〔 マニアック放言録 〕 | Passion for VF-2SS Valkyrie II (バルキリーⅡファンクラブ)

ブログ 〔 マニアック放言録 〕

2016.06.12

乃木坂46時間TV Vol.2

真っ当な事は何も手につかなかったが、素晴らしい週末だった。

前回、結成4周年記念でネット放送された「乃木坂46時間TV」をリアルタイムでは見損ねたが、
今回のVol.2はほぼ万全の態勢で、深夜のコンサート等の録画放送以外は、ほぼ観ることができた。

Vol.1の「生ちゃんのフィンランド民謡」や「あしゅのラジオ体操」に匹敵する破壊力抜群のプログラムは、
特に印象に残っていないものの、睡眠時間を除くと約40時間観続けた価値はあった。
レギュラー番組や歌番組だけでは伝わりきらない、メンバーの個性を色々と垣間見ることができた。

「乃木坂電視台」はもちろん、スタッフのアンケートで構成した「クイズ100人くらいに聞きました」
堀が企画した「2期生生誕祭」などを通じて、選抜メンバーの魅力を今まで以上に深く認識できたし、
TV露出の少ないアンダーメンバーや2期生についても、その個性を多角的に知ることができた。

また、書籍『乃木坂46物語』や映画『悲しみの忘れ方』などで、過酷な物語性だけしか知らなかった
初の舞台 『16人のプリンシパル』第1回 を観ることができた(初日の深夜に放送)。
翌日には、もっと進化した回の放送もあった。

それにしても、福神だけに限らず、選抜メンバーは凄い。圧倒的なアイドル力だ。

今回魅力を発見した2期生たちも、1期生トップメンバー達の輝きがあってこその魅力と言える。
少し好きになってきたアンダーの2期生達でも、画面が福神クラスのアップに切り替わったら、
圧倒的なビジュアルの差が顕著に表れてしまう。

やはり、白石、西野、衛藤、橋本、松村、生田、若月、高山、星野、齋藤、堀、生駒、井上ら、
乃木坂を引っ張っているトップメンバー達は、優れたビジュアルの上に高いタレント力を持っている。

CM無しの46時間生放送(一部録画放送あり)を見ていて飽きないのだから、凄いの一言に尽きる。
アイドル力の欠片もない指原莉乃が率いる猥雑なAKB48とは雲泥の差だ。
乃木坂46は2016年最強のアイドルグループだと改めて認識できた。

お姉さんメンバー達にも、最低あと3年は頑張ってほしい。
その間に、どれだけ若手(これからの3期生含む)が実力と人気を高めていけるか。

そこに乃木坂46の、いや日本のアイドル界の命運がかかっている。

2016.06.06

「あしゅ」のセンターに思う

ご存知、「あしゅ」こと齋藤飛鳥(⇒)。

今朝のTV-Tokyo『乃木坂工事中』で、乃木坂46の15thシングルのセンターに抜擢されたと放映された。

客観的に見て、乃木坂46の看板は白石、西野、橋本、生田、衛藤、星野、若月、高山、生駒、松村、桜井らなのだが、十福神(フォーメーションの1・2列目)が発表されている段階でふと、「白石、西野、橋本、衛藤はアイドルにしては“お姉さん”過ぎる」と感じた。

後輩の「欅坂46」、結成ホヤホヤの「けやき坂46」、これからの乃木坂3期生などを考えると、デビュー5年目の乃木坂46は、主力メンバーがもう完全にお姉さんで、もちろん魅力的で大好きだが、アイドル・ユニットとしては破壊力が弱まっているのも事実。

お姉さんたちの背中ばかり見ていると、いつの間にか星野やあしゅ(飛鳥)もお姉さんになってしまう。
芸能界は人気商売なので、“旬”を逸しないことが何より重要。

運営側がどう思っているか知る由はないが、最近人気急上昇中のあしゅをセンターに抜擢したのは、
AKB48グループが手こずっている、中心メンバーの若返りを一気に行うショック療法なのではないか。

私個人は、あしゅよりみなみ(星野)派なので、みなみが3列目というのは非常に残念だが、
あしゅほど個性が強ければ、欅坂46のてちこ(平手)ともタイマン張れるかもだ。

あしゅがセンターに立ち、両脇を白石・西野、橋本・生田が固めれば、ビジュアルも人気も盤石にしつつ、
若く新しいファンを取り込み、グループとしての新鮮味を演出することもできる。話題性も十分。

パフォーマンスを見るまで予断は許さないが、運営側の“奇襲作戦”は、大きく功を奏するに違いない。
西野がセンターから外れ、あしゅが最後に呼ばれた時、「やはり、そうきたか」と運営側の手腕に感心した。
最近の例に例えると、『スターウォーズ・フォースの覚醒』より仕掛けの完成度が高い。

一つ残念なのは、井上小百合が選抜落ちをしたこと。
個人的には、小百合、ちはる(斎藤)、純奈(伊藤)を選抜に欲しい。

Who is 「私」? -自己紹介-

1965(昭和40)年生まれの射手座A型、ありふれた日本人ビジネスマン。シンプルなラインで洗練されたデザインなどをこよなく愛す。

ロボットでは Zガンダム / 大張版ドラグナー / ダンガイオー、そしてVF-2SS バルキリーⅡ。ヒーローでは バットマン(映画版1&3) / イナズマン / 破裏拳ポリマー / ダースベイダー。

工業製品では70年代に日本を席巻したスーパーカー。実は1/43精密モデルカーの自称「世界屈指のコレクター」。本サイトとは別に、モデルカーの愉しみ方を伝えるウェブサイト『モデルカー学』全7章を2017年2月6日に開講(日本語部分のみ)した。

新進女優では平祐奈さんと広瀬すずさん。グループ歌手では乃木坂46と欅坂46。基本はハコ推しだが強いて言えば、星野みなみ、堀未央奈、佐々木琴子、高山一実、岩本蓮加、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、渡邉理佐などが推しメン。ひらがなけやきも意外と好きで、推しは齊藤京子、加藤史帆、渡邊美穂、小坂菜緒ら。二期生が加わってひらがやけやきは大化けする予感。

2017年6月25日から英国ロンドンに駐在(19年振り)し、2018年6月7日に日本に帰任。ロンドンでの欧州見聞録は『モデルカー学』のブログとFacebookに掲載中。

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ページの先頭へ