素晴らしきモデルカーの世界 | ブログ 〔 マニアック放言録 〕 | Passion for VF-2SS Valkyrie II (バルキリーⅡファンクラブ)

ブログ 〔 マニアック放言録 〕

2015.08.26

登場『カーマガジン』10月号!!

予告通り、2015年10月号『カーマガジン448』にて、
「世界モデルカー博物館」が1/4ページ分紹介された。

小さい記事なれど、多くの方に存在を知っていただける。
次回は、是非現地取材をして欲しいものだ。

それはそうと、広瀬すずちゃんと同時期から推していた
平 祐奈ちゃんが「ヤングアニマル」の表紙になった。
さらに、9月下旬JKは雪女」で遂にドラマ初主演を務める。

今まではオハスタやRの法則、ドラマのチョイ役など目立たなかったが、
能年玲奈ちゃんや広瀬すずちゃんのように、遂に躍進のチャンスかも!!

2015.08.22

『カーマガジン』誌で紹介

世界モデルカー博物館が、ほんの小さい記事なれど、
8月26日発刊の『カーマガジン448号』(2015年10月号)で紹介される。

全国的なメディアに掲載される意義は大きい。多くの人に知って欲しい。
今回は写真2枚だけだが、いつか直接の訪問取材を期待。

さて、飛ぶ鳥を落とす勢いの広瀬すずちゃんだが
現在、初の主演映画撮影に取組んでいることをご存じだろうか。

2016年春公開の、かるた少女の映画『ちはやふる』だ。
まさか、ドラマ初主演後こんなに早く映画初主演するとは、私の予想を上回る躍進ぶり。

今度は一つ、残念なお知らせ。
かのSKEのかすみ草松井玲奈がとうとう卒業。
彼女は彩色兼備なので、AKBグループ卒業生としては、他の誰よりも活躍できるはず。

それにしても、ここ数年の新日本プロレスは凄まじく、かの黄金期を凌駕したかも。
先日のG1決勝戦も期待以上の名勝負だった。選手層の厚さが圧倒的強み。
やはり、真摯に「内容」を充実させることが、高い支持を得る大前提ってことだ。

2015.06.06

アクトランドのモデルカー博物館

現在私は、モデルカー趣味の醍醐味をお伝えするウェブサイト『モデルカー学』を構築中だ。

そのため、5月15日の「世界モデルカー博物館」グランドオープン後、もうすぐ1ヵ月だが、
イベントの3日間以降は当館はじめアクトランドとの関わりが小休止状態だ。

開館後少しして、技研製作所の顧客の方が訪問され、当館を絶賛してくださったそうな。
そういう嬉しいお話は、たまに私の耳に入ってくる。ご来場者と直接お話ができないのが残念だ。

さて、今日はグランドオープンにお越しくださったご招待客の方々が、その模様をアップして下さった
ウェブサイトを、2つ皆さんにご紹介する。雰囲気が良く伝わってくるので、ご覧になっていただきたい。

一つは、名古屋の精密モデルカー専門ショップ「ラクーン」さんのウェブサイト。
クリック⇒ 
「世界モデルカー博物館」に行ってきました。

もう一つは、新潟にお住いのボンネットバス博士「丸谷洋一」先生のウェブサイト。
クリック⇒ 
アクトランド「ボンネットバス博物館」グランドオープン

御二方とも自動車とモデルカーに造詣が深く、両展示館の良さを十分表現してくださっている。

世界モデルカー博物館の詳しい情報なら、構築した張本人である私が伝えればよいようなものの、
自分でそれをやっちゃあ手前味噌になり、実も蓋もないってことで自重している次第。

しかし、『モデルカー学』サイトはご期待いただきたい。
何とか6月中にアップしたいと、勤務後と土日を使って鋭意制作中!!

2015.04.25

惚れてまうやろ!!

4月25日には、製作関係者やご近所さんに向けた創造広場アクトランド内覧会が行われた。
今回も、私は終日世界モデルカー博物館の解説を行った。

アクトランドという全体施設の内覧会(無料ご招待)のため、当然ではあるけれど、
決して当展示館をお目当てに、その上、料金を支払ってまで見ようという方々ばかりではない。

ご来館者の反応は様々。
車やモデルカーに全く知識や関心の無い方でも、展示数量の多さには一応に驚かれる。
車好きの方は、全体を回りながらも自身が特に関心のある車種モデルの前で足が止まる。
子供たちは車種が分からなくても、“あの車が好き、この車が好き”と大騒ぎで喜んでくれる。
展示ガラスに数多くの、小さな掌マークを付けながら・・・。

展示館の企画・設計・設立者として残念なのは、“ああ、こんな感じか”という体で、
さーっと展示館の内部を一瞥されるだけの方々。主役である展示物には関心が無いようだ。
当館に興味が無くても、アクトランドの他7つの展示館のどれかに感心・感動していただけたら、
わざわざ足を運んでもらった甲斐はあるというもの。

そんな中、やや小柄の若い女性で、棚の端から順に、最上段はちょこっと背伸びをし、
最下段はしっかりしゃがみこんで、ひたすら展示物を見てくださる方が居た。

そういう方は、自分自身の脳内で展示物に関する情報処理を独自に行っているものだ。
だから、あまり余計な解説をせずに、所々で鍵となるポイントだけを説明した。

私が25年かけて収集した可愛いモデルカー達を、黙々と丹念に見てくださる後ろ姿に、
つい、「惚れてまうやろ!! と心の中で叫んでしまった。

アクトランドは、Art(芸術)+Culture(文化)+Technology(技術)の複合展示だが、
そこにスタッフのおもてなしの心と、ご来館者の感性が加わって、初めて施設として完成する。

決して、車やモデルカーに詳しそうな女性ではなかった。
そうであっても、展示物に純粋に向き合って、何かしらの知的刺激を受けてくださったのであれば、
展示してあるモデルカー達も、収集展示した張本人である私も、本当にうれしい限りである。

アクトランドを世界有数のテーマパークとして、これから育てていってくださるのは、
ご来場者の皆さんに他ならないと、改めて実感した次第である。

GW明けの5月15日にアクトランドはグランドオープンを迎える。
是非、皆さんの感性を注ぎこんでいただきたい。

続きを読む

2015.04.21

世界モデルカー博物館 内覧会

約3年前から開設準備に取り掛かっていた、高知県香南市の新しいテーマパーク
『創造広場アクトランド』が、5月にいよいよ開館する。
http://actland.jp/

その中には、1/43精密モデルカーを3700台展示する世界初で唯一の本格的常設博物館
『世界モデルカー博物館』もアクトランド8展示館の一つに含まれている。
http://actland.jp/museum/modelcar.html

本日、4月21日(火)、報道・観光関係者らに向け、内覧会が実施された。
当然、『世界モデルカー博物館』のエクゼクティヴ・プロデューサーとして、
私も東京から駆けつけ、朝8から夜10時まで参加し、終日解説を行った。

高知県の夕方のTVニュースでも紹介されている。下記サイトで概要を見ることができる。
(時間がたつと消される可能性もあるので、リンクが切れた際はご容赦願いたい。)
https://www.kutv.co.jp/?target=program_page&program_id=prog46c11d00d549c&news_id=news553613c86ffe3

25年間のコレクター人生が、皆様と共有できる形に集大成された。感無量である。
こういう機会を与えてくださったアクトランド館長はもちろん、四半世紀にわたって
私のコレクション形成を助けてくださったメーカーやショップ、コレクターの方々に
改めて感謝の意を表したい。もちろん、大目に見続けてくれた家族にも感謝。

展示館での解説では「私が25年かけてコツコツ収集した3700台」と言っているものの、
コレクションというのは一人では成立しない。作り手、売り手、買い手の共同作業である。
そういう意味で、このコレクションの公開は関係諸氏や業界への恩返しの意味もある。

アクトランドのウェブサイトにある通り、開館は5月15日。3日間はイベントが開催される。
春の高知は暑すぎず、遊ぶにも食べるにも最高の季節。
是非、『創造広場アクトランド』へ足を運んでいただきたい。

続きを読む

2013.05.11

1/18 レジン製 『Lamborghini Jota SVR』 が発売される!!

2012年に発売された1/43 ランボルギーニ Jota SVR フル開閉モデル(レジン)に続き、
今年は同じFrontiArt社から、1/18でJota SVRが発売になるようだ。

モデル自体は、京商がダイキャスト製で素晴らしい製品を既に発売済みだが、
今回はFrontiArtならではの、レジンキャスト製による超精密な仕上がりを期待したい。

ちなみに、私の20年来の夢であった『世界モデルカー博物館』は、
開館に向けて着々と準備が進んでいる。

専用のウェブサイトを開設しているので、ぜひ下記にアクセスしていただきたい。

   創造広場アクトランド(http://actland.jp)内
世界モデルカー博物館 http://actland.jp/museum/modelcar.html

2012.10.08

1/43 Jota SVR フル開閉モデル 販売開始

1/43 ランボルギーニ Jota SVR フル開閉モデルが
一般に販売開始となった。300台限定らしい。
今からだと厳しいが、興味のある人は注文を急ごう。

イオタ独特の造形はもちろん秀逸で、
フル開閉の高い完成度と品質レベルの割に破格の価格から、
2012年にリリースされたモデルカーでは最高傑作の一つと断言する。

現在開設準備中の『世界モデルカー博物館』は、
全てにLED棚下照明入りの渋い飾り棚が設置され、これから内装工事に着手。
こんな立派な展示棚は、全国の博物館を探してもそうは無いだろうね。
ここに、選りすぐり約3000台の1/43モデルカーを展示する予定。

私の知る限りでは、世界で初めての施設となる。
モデルカーを4000台以上保有する欧州の友人も、
「欧米には専用のモデルカー博物館は無い」と言っていた。

乞うご期待!!

2012.08.19

フル開閉『Jota SVR』遂に発売!!!

実は、数年前から私自身が深く関わっている某モデルカーメーカーから、
遂にフル開閉の Lamborghini Jota SVR が発売となった。史上初の快挙である。

別のメーカー(欧州)が初めて1/43レジン製でプロポーションモデルのJota SVRを発売した際、
Jota SVRをメーカーにリクエストしたショップに対し、私も一緒にリクエストしていた関係で、
開閉しないプロポーションモデルであっても、当時としては画期的な出来事だった。

その後、日本のダイキャスト製メーカーがリアカウルだけ開くJota SVRを企画・発表した際、
それをスクープ報道した某外車専門誌に、Jota SVRファンとしての私のコメントが掲載された。
ただし、このメーカーに私は直接的関係は持っていない。今でも人気の良くできたモデルである。

先述の欧州メーカーは、その後でオリジナルJotaをレジン製フル開閉モデルにて発売した。
しかし、その後一向にJota SVRのフル開閉モデルが発売される気配はなかった。

そうしているうちに、先述の日本メーカーが1/18ダイキャスト製モデルでフル開閉Jota SVRを発売した。
1/18なら、ダイキャスト製でも完成度の高いフル開閉モデルを製作できるが、
1/43となると、ダイキャスト製はもちろん、レジン製でも開閉部がピッタリ合うモデルは難しい。

今回の某メーカーは、私が応援しているだけあって、その辺は高い技術を持っている。
唯一難点は、ホイールのエッチングパーツが扁平すぎて、少々リアリティーを欠くところ。
そこだけ目をつぶれば、他は全てにおいて最高の完成度を見せている。期待通り!!

約二十年前、英国の有名なショップにJota SVRのリクエストをしたことがある。
当時は知らなかったのだが、たった一台の実車はずっと日本に生息していたため、
そもそもレース車主体の欧州市場でのショップ店員が、Jota SVRを知る由はなかった。

私は直接メーカーにもアクションを起こしており、素晴らしいレジンモデルを発売していたHeco社や、
個性的なコンセプトカー系モデルを発売していたAlezan社にも書面でJota SVRをリクエストした。
いずれも、「この車には興味がない」とお断りの返事だった。

一方で、改造を得意とする個人モデラーとの縁があり、私が欧州駐在を終える前に、
彼に超貴重・高額のレ・フェニックスのホワイトメタル製ミウラキットを預け、
ワンオフ改造作品として、Jota SVRを製作してもらうことにしていた。
(その後いろいろあって、彼のプロジェクトは実現されずに終わったが)

当時はまだ、イタリアの某社がまだランボルギーニを一台もリリースしていなかった時代である。
数日前の、高い完成度をもったレジン製フル開閉Jota SVRの姿に、隔世の感をおぼえる。

時は流れる。時代は変わる。
高い志と強い信念をもって行動し続ければ、夢は実現するということだ。

VF-2SS Valkyrie II も、そうあってほしいと切に願う限りである。

2012.08.17

アクセス数7000突破

おかげさまでアクセス数が7000を突破した。
ユーザー数は4300名、閲覧ページ数は26,500。感謝! 感謝!!

世のウェブサイトでも、やはりマクロスⅡやバルキリーⅡに関する内容は
なかなか新しく増加してこない。残念。

そういう私も、念願の『世界モデルカー博物館』開設準備で忙しく、
バルキリーⅡに関する情報更新ができていない。

たぶん、博物館の展示モデル(1/43モデルカー)を撮影するために、
デジタルカメラと撮影ブースの購入が先になる。

しかし、購入を澄ませば手軽かつ頻繁に新しい情報を追加できる。
第一にするのは1/72バルキリーⅡファイターの写真更新。

第二は、ずっと前に出ていたトランスフォーマー系の小型TOYで、
そこそこカッコ良く変形する戦闘機ロボの写真掲載。
マクロスのスケールで言うと、1/144くらいの大きさ。

それから、バンダイ1/100バルキリーⅡにBクラブの改造パーツで
本丸というべきVF-2SSノーマルタイプの製作。

いずれにしろ、年内は難しいかも。

2012.02.02

皆さん、お久しぶりです

2010年10月2日にこのウェブサイトを開設して、1年と4カ月が過ぎた。
ブログもご無沙汰しており、開設1周年には何か言おうと思ったものの、
仕事や本業の趣味(1/43モデルカー収集)に忙殺されて、今に至ってしまった。

もともと、サイトのテーマが模型界・アニメ界では超マイナーな部類なので、
アクセス数も日々低調な推移なれど、やっと累積5000アクセスを突破し、
総ページビューは2万ページ、ユーザー数は3000名に迫ろうとしている。
うれしい限り。感謝!感謝!

自分でもたまにサイトを覗いてみるけれど、よく出来ているね。我ながら感心する。
よくこれだけデータを集めて、よくこんなに書いたもんだね。日英2ヵ国語だし。
今やろうと思うと、まず無理だ。やっぱ、一気呵成の集中力なんだろうね。
開設時、構成や図版処理、文章執筆など、結構な短期間でまとめあげた。

最近のバルキリーⅡネタといえば、ゲームに登場したことと、カードになったことかな。
ゲームはしないので買っていないけど、カードは2種類手に入れた。
今日、もう1種類出ているのを知った。そのうち、サイトへ掲載しようと思う。

ここ数カ月、仕事はもちろん忙しいけど、本業の趣味が大きく展開しようとしている。
ある良縁に恵まれて、1/43モデルカーの博物館建設が具現化しつつあるのだ。
ウェブサイト上の話ではなく、実際の建物の中に現物を展示・公開する施設!!!
建設スケジュールは調整中なれど、遅くとも今年の夏までには開館予定。

モデルカーの方が一段落つけば、保有しているバルキリーⅡの模型製作に着手する。
そのために1/100キットやプラモデル、ノーマルタイプ改造パーツなどを集めたのだから。
もちろん、自分ではなくプロモデラーの方に製作をお願いするのだけれど。

今日、約9か月ぶりにブログを掲載したことで、サイトの更新方法を思い出した。
これからはちょくちょくブログを更新しようと思う。

今後ともヨロピク❤

Who is 「私」? -自己紹介-

1965(昭和40)年生まれの射手座A型、ありふれた日本人ビジネスマン。シンプルなラインで洗練されたデザインなどをこよなく愛す。

ロボットでは Zガンダム / 大張版ドラグナー / ダンガイオー、そしてVF-2SS バルキリーⅡ。ヒーローでは バットマン(映画版1&3) / イナズマン / 破裏拳ポリマー / ダースベイダー。

工業製品では70年代に日本を席巻したスーパーカー。実は1/43精密モデルカーの自称「世界屈指のコレクター」。本サイトとは別に、モデルカーの愉しみ方を伝えるウェブサイト『モデルカー学』全7章を2017年2月6日に開講(日本語部分のみ)した。

新進女優では平祐奈さんと広瀬すずさん。グループ歌手では乃木坂46と欅坂46。基本はハコ推しだが強いて言えば、星野みなみ、堀未央奈、佐々木琴子、高山一実、岩本蓮加、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、渡邉理佐などが推しメン。ひらがなけやきも意外と好きで、推しは齊藤京子、加藤史帆、渡邊美穂、小坂菜緒ら。二期生が加わってひらがやけやきは大化けする予感。

2017年6月25日から英国ロンドンに駐在(19年振り)し、2018年6月7日に日本に帰任。ロンドンでの欧州見聞録は『モデルカー学』のブログとFacebookに掲載中。

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
ページの先頭へ