欅坂46 鮮烈デビュー | ブログ 〔 マニアック放言録 〕 | Passion for VF-2SS Valkyrie II (バルキリーⅡファンクラブ)

ブログ 〔 マニアック放言録 〕

2016.03.28

欅坂46 鮮烈デビュー

奇跡のグループ・乃木坂46の妹分、欅坂46が遂に地上波放送デビューを果たした。
3月26日(土)深夜25:53~27:23放送のTBS番組、CDTVスペシャルフェスにおいて。

ライヴ・パフォーマンスが披露されたのは、3月11日(金)国立代々木競技場第二体育館。
TV番組では、そのフェスでのパフォーマンスが録画放送された。

2015年に「乃木坂46ファン」を自認するようになって、その妹分である欅坂46には、
結成以来ずっと、冠番組の『欅って、書けない?』や雑誌等の一般メディアで着目していた。

オーディションを通過してすぐ始まったバラエティ番組だったため、彼女らは色々な面で素人の域を出ておらず、
少しグダグダな姿がフィーチャーされていたことから、どういう仕上がりを見せるか少し不安だった。

最近になって、デビュー曲のタイトルが『サイレントマジョリティー』と知った時、乃木坂46の柔らかくおしとやかな印象とは、
かなり異なる路線で攻めるのだろうと、うっすらとは感じ取っていた。

いざ、放送でライヴ・パフォーマンスを見てみると、想像以上のハード路線だったので、印象の変化度合に驚いた。
期待を大きく超える仕上がりに、さすがプロのプロデュースだと感じた。もちろん、本人達の頑張りもあってのこと。

衣装が『進撃の巨人』を連想させるような色とデザインで、振りや「集団行動」的な動きが軍隊風であること、そして、
恋愛がテーマではなく、AKB48の『リバー』や平原綾香の『ジュピター』、乃木坂46の『命は美しい』のような、
生き方をテーマにした歌詞であるため、デビュー・シングルにしては特異な存在感を示せるのではないだろうか。

今回は選抜方式を取らず、20名全員参加の大所帯であることと、腕グルグル回しの振りなどから、
E‐girlsのハイスクール・ラヴを彷彿とさせるが、もちろんダンスに関してはそこまでのキレは無い。

ちなみに、27日(日)深夜の『欅って、書けない?』で、スタジオ収録のパフォーマンスが初放送された。

なお、17日に東京国際フォーラムで行われた『欅坂46生中継! デビューカウントダウンライブ!!』では、
持ち歌全6曲が披露された。「けやき坂46」(通称:ひらがなけやき)の長濱ねるを加えた21人が総出演。

オーディション最終審査を欠場したにもかかわらず、特例で事後加入が認められただけあって、中々の逸材。
欅坂46のデビュー曲選抜フロントメンバーを従え、長濱ねるセンター曲「乗り遅れたバス」を堂々と披露した。
彼女自身の、そしてこれからの「けやき坂46」の可能性を、大いに期待させるパフォーマンスだった。

今後の“ひらがなけやき”の動向によって、本隊・“欅坂”のメンバー構成にも変化(激震?)が生じるだろう。
仕掛け人(プロデューサー)達がどういう未来図を描いていくのか、2曲目以降の展開を楽しみに見ていきたい。

当分は、乃木坂46と同様、“ハコ推し”で彼女らの活躍を応援していこうと思う。

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

Who is 「私」? -自己紹介-

1965(昭和40)年生まれの射手座A型、ありふれた日本人ビジネスマン。シンプルなラインで洗練されたデザインなどをこよなく愛す。

ロボットでは Zガンダム / 大張版ドラグナー / ダンガイオー、そしてVF-2SS バルキリーⅡ。ヒーローでは バットマン(映画版1&3) / イナズマン / 破裏拳ポリマー / ダースベイダー。

工業製品では70年代に日本を席巻したスーパーカー。実は1/43精密モデルカーの自称「世界屈指のコレクター」。本サイトとは別に、モデルカーの愉しみ方を伝えるウェブサイト『モデルカー学』全7章を2017年2月6日に開講(日本語部分のみ)した。

新進女優では平祐奈さんと広瀬すずさん。グループ歌手では乃木坂46と欅坂46。基本はハコ推しだが強いて言えば、星野みなみ、堀未央奈、佐々木琴子、高山一実、岩本蓮加、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、渡邉理佐などが推しメン。ひらがなけやきも意外と好きで、推しは齊藤京子、加藤史帆、渡邊美穂、小坂菜緒ら。二期生が加わってひらがやけやきは大化けする予感。

2017年6月25日から英国ロンドンに駐在(19年振り)し、2018年6月7日に日本に帰任。ロンドンでの欧州見聞録は『モデルカー学』のブログとFacebookに掲載中。

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
ページの先頭へ